忍者ブログ
ハニーノートのリーダーのブログ、自作エフェクターを通じて楽器オタクを目指す! 最近はボートフィッシングにはまる。              リンクにジギング船オーシャンさんのホムペを追加!ローカル情報満載です!!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

憧れや気まぐれ、はたまた衝動買いってな出会いでは長い信頼関係も難しいものです。

トーカイVとのトレード相手ですが、欲しくてトレードではなく相手のアプローチに負けました.....

13万定価ですがエドワーズの高級モデルだったような....
キルトメイプル、スルーネック、ピエゾにダンカンPU 、豪華でしたが全体的に音がしょぼく、4万で売却

実際は3回引いた程度。

次も3回程度のスタジオでしたが.....

オークションでシリアルを観てたら5桁!5桁はヒスコレ等、高級モデルの数と私が勘違い、相手もそれをもくろんだ記載にまんまとハメられてしまいました。

ボディ全体クラックまみれとかにだまされず質問して、曖昧な答えは半ば詐欺行為ですから私のようにだまされぬよう......

要するにただの手入れ不足なクラシックでした。

音も軽く、安物サウンドは記憶してます。

ゴールドトップは見てくれはいいですがね~

結局コレと、2年近く使ったミュージックマン、アクシスとトレードしたグレッチ、デュオジェット(いかしたルックスだがすぐハウるしブリッジが動きすぎ!)の2対1&4万で今の相棒NLP500となりました。

こんだけ(まだある....)持ち返れば下手なりにつかめるでしょうね。

もっと言えばこの他にはフェンダー、C/Sジミヘンやら、アメリカンスタンダード、78’ストラトetc....

どうもシングルPUとは相性が悪いようです。

拍手[0回]

PR
やっとバンドブログらしくなったんで放置しない内に書き上げましょう。

どうですか?かっこいいストラトではあーりませんか。

こいつ実は俺の自作ギターなのでした!

とは言えボディはオークションで購入したボディ工場横流しの10年間放置乾燥させたと言う証拠のないいわく付きアルダー3Pボディ.......

よくよく考えると3分割で良い材ってありえませんね、ハイエンドは大多数がワンピースでした(堕)


まあ、3千円ですから(笑)、そいつをステインで2色バースト、フィニッシュをラッカーで決めてみました。

さて、ここからがこいつの凄い所で、ネックを大阪の山崎マサヨシ等の使用するリペアショップにて、ボディを郵送してフルオーダーネックを作りました

まさかブログをするとは思っても無かったんで画像が無いですが、材を当時大阪近辺で一番高いのをお願いしました。

ネックシェイプをミュージックマンシェイプ(使った人しかわかんね~)、材のグレードはAAAA!でした。一般的に最高峰はAAAAAらしいですが見た目が大きいらしいです。

んで、ペグをゴトーのマグナムロック、クルーソンタイプが1万3千円でネックオーダーが13万位でした。

ピックアップをヴァンザントのブルース&ロックでサーキットをヒューマンギアのターボブレンダーと言うCTSポッドをトーンでMIXすると言う画期的なシステムですべてにおいて豪華満載でした。


...............ですが結局音が硬いのが気に入らずオークショントレードでした(すまないっ!)


の対象がコレワッシュバーンのJB100,ジェニファーバテンと言う女性ギタリストのシグネイチャーでしたが、セットネック、フロイドローズ、3,1キロボディ、細ネック等、私の体に合わず下取りに出しました....25万円位で、日本国内で3本?位しかないそうですが.....何の下取りかはまた次回~。

拍手[0回]

ついでなので我がギター遍歴を記録の在るぶん書き出してみました。

古い順から行こうかな~っと。

ギブソンSG STD 97年モデル、購入先は白島町の楽器屋で中古を9万で購入、店の人曰く、「先日売れた61リィシュより鳴る当たり物です」と言われ(リィシュ品の方がすべてにおいてハイグレード)ホントによかったので結構長く使いましたね、ギブソン正規品においては当たり外れがほんとうにおおいようですね。

ピックアップをトムホームズに変更、更に音がよくなり、ボディも軽く、ネックは太くて、ハイフレットも弾き易くよいギターでしたが、V-HONEYに譲った後買い戻して、その後に東京のプロギタリストの方に譲りました


その方は以前個人売にて61’ストラトキャスターを90万!で売ったつわものでした(汗)

そんな方に譲ってどうだろ?と思ってましたが、後の連絡でお礼の言葉を頂きました。

本当によく鳴るギターで早速ステージで使用して感動しました!ありがとうデス!......って言われたら売れなければよかったのか?と思いますがね(ノーマルに戻して譲ったんですが)。


続いてコチラ

ナビゲーターNLP320CTMです、正確ではないですが2000年くらいの製造でした。

入手経路はネットにて当時所有してたアンプ、マーシャルTSL2000とキャビネットとのトレードでした。

内容ですが、現在使用のNLP500同様、ギブソンカスタムのレプリカでフレットの極めて低い、"フレットレスワンダー"仕様でした。

音、ルックスともにかなり気に入ってましたが、こいつとギブソンゴール
ドトップとの2対1トレードで現在のNLP500とめぐり会えた訳です。


しかしこいつが忘れられず、今のブラックビューティを探したんでしょうな。

拍手[1回]

コチラは付き合いが2年近くと思いますが、当時AEROSMITHのPVを見てて、ジョーペリーがスーツ姿で弾いてる様に憧れ、金も無いくせに購入を決意、当初、ナビゲーターの420と言うモデルをさがしてたんですが、新品で40万、中古でもあれば30万なので諦めました。

まあ、ボディフィニッシュが極薄ラッカーで、艶の無い仕様と言う事もあり諦めて(?)本家ギブソンをサーチ、結果25万で兵庫のショップにて入手しました。


画像でもお分かりでしょうが、ピックアップがシングルタイプ、P90de,フロントが更にレアなゴールドアルニコ5、このおかげで生産ラインで数が出せず(共通パーツが少ない)玉数の少ないモデルになったそうです、ちなみに検索ではこの1台だけでした。

ボディマテリアルはオールマホガニーのエボニー指板、超極太ネックで、例に漏れず激重です.....

オークション等このギターの特徴として何件かレポートがありました。

男らしく図太く甘い音.....

よく考えるとかなり間抜けな意味合いなんですよ。

オーナーの私が言うから間違いないでしょう。

"男らしいのは見た目、図太く甘いのは抜けなくてコモってる状態ですよ~。

.........


まあ、間違いなくヒスコレなんですが先にナビゲーターを使ってましたから最初の印象はがっかりでした。

私の主観ですが、本場王道工場で真剣に作ったギターがこの有様でかなりがっかり(涙)でした、憧れのギブソンカスタムショップモデルが明らかに国産カスタムショップ、ナビゲーターブランドにすべてにおいて負けてますよ~(私物2本の比較ですが...)

参考までに定価(オープン)価格は

NLP500=50万
LPC54=40万程度

なので値段比較は微妙ですが......

後に解かりましたが、このLPC54はアンプ、エフェクター等、かなりのセッティングを要するみたいです、その辺がシングル、ハムに属さない特徴ですかね。

画像にもありましたが、サーキット関係.............かなりの安物で埋め尽くされてる......


唖然でしたが、ナビゲーター、フェンダーCSでももっといいものつかってますがの......

なんで、ネットでそんな関係を調べるとやはりサーキット(特にコンデンサ)辺りはまず音を出す前に交換しなさいと....変なギターですね。

んでコンデンサーをブラックキャット、コチラは2,3千円するので、もう1っこはEROの5,600円のリーズナブルを食わしたらやっと満足な音が(安心)

蛇足ですが"ぬけ"だけならコンデンサを抜けばいいです、ですが艶が無くなるのでやはり高価なオイル、フィルムを食わすのをお勧めですよ。

いずれ(近いうち)ポッドをCTS,線材をウエスタンエレクトリックにすればかなりいい音になるはずでしょう。

こいつが似合うプレーヤーになりたいモンですがの

拍手[0回]

この間、V-HONEYに、機材紹介のコンテンツの為の楽器の詳細をレポートしてくださいと頼まれ、提出した内容が貧相だと指摘を貰いました.....

なので他人と貧相さを比べられる前に自分で書いちゃえ~って乗りでレポートしましょう。

私のギター人生で一番長い時間を共にした相棒です。
ナビゲーター、レス ポール500、略してNLP500と言います。
解説しますと、ナビゲーター(ESPのハンドメイドハイクオリィティーブランド)と言う、要するにスペシャルコピーモデルブランド....
です。(悪く取らないで...)

モデルとしては、王道LP59’スタンダード(1000本くらいの製造で現在価格600万から3000万!)のレプリカモデルです、特徴としましては、専門用語ですが、ネックをフロントPUまで深くはめ込むディープジョイント、かなり太いネックが特徴ですね。

材質としましては、ナビゲーターのこだわりとして、かなり高く、貴重な材をふんだんに使うので定価は高いですよ。

こちらのモデルだとNLP500の数字は定価の金額帯なのでこんなぼろに見えますが50万するのです。

...材でしたね、まず、ボディ、ネックがホンジュラスマホガニー、こいつにはナックのマホが、木目出てます!(珍しい!)
.....まあ、クラックも相当ですが....
んで、ボディトップが、バリトラハードメイプル!、この年代はメイプル層が厚くてブリッジのマウントの関係上、ハリのあるサウンドが特徴です。
この虎模様の激しさで10万以上金額も変わりますから驚きですかね?

そして、トップのフィニッシュが極薄ラッカーなので、現在ウェザーチェックビシバシ状態です。(個人的にコレが大好き)



ボディバックはクリヤーハゲハゲ、ペグはシュパーゼルのロックですが大胆にもといちズラしで強制固定.....


PUのメッキはハゲハゲ、ちなみにディマジオのビンテージ59だったかな?、新しいモデルから、現行はダンカンなので、90年代前半モデルか?

サーキット関係はCTSポッド、国産オイルコンデンサ、この辺はいい音するのでオリジナルです。

そして最大の驚きが、レスポールモデル(メイプルトップ、マホガニーバック)なのに、3キロ前半!と言う脅威の軽さです!。

うんちくですが、よほど高価な木材を使わないと重くなるのがレスポールモデル、故に個体差が激しいと言われます。

なのでメイプル&マホではこの辺りの重さが値打ちと音質をきめると言われ、ギブソンC/Sでは軽いモデルほど高価です。

.....じゃあ何故ギブソンC/Sにしないの?

その辺が国産C/Sブランド、ナビゲーターのいいところな、日本人向けしっくり感なのです。

あまり知られていませんブランドですが、上記を知った方が購入する訳で、買ってみてやっぱりいらね~やと言うユーザーがいなく、ネットで中古が少ない上、高価な取引が続く現状です。


なんだかんだでギブソンよりいい音するんですよ~。

何故かって?

それは次回、他のギャラリーにて.....

拍手[1回]

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[05/15 backlink service]
[02/06 リーダーHONEY]
[01/28 なつなな]
[11/25 海苔屋]
[09/26 リーダーHONEY]
最新記事
(01/27)
(01/24)
(01/22)
最新TB
プロフィール
HN:
リーダーHONEY
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1974/12/12
職業:
PEINTER&手打ちうどん職人
趣味:
人生を忙しく使うこと
自己紹介:
なるべく深く、なるべく広く
要するに適当なんでしょうかね。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
カウンター
アクセス解析
FX NEWS

-外国為替-
お天気情報
アクセス解析
アクセス解析
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   リーダーハニー,人生劇場   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB2  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]